“時代と共に婚活スタイルも変わる”

パートナー選びは3K「高学歴」「高収入」「高身長」が理想的と考えられていた時代、3Kを求めて結婚したカップルの離婚率は年々増加傾向にあり“男は仕事、女は家庭”というスタイルは徐々に受け入れられなくなっています。

こうした背景から近年では、理想の相手は3Kから新3K「価値観が合う」「金銭感覚が一致している」「雇用形態が安定している」に変化しました。

<女性編>現代女性が求める"結婚相手の3大条件"とは

女性が結婚相手に求める条件と言えば、「高学歴・高収入・高身長」の「3高」だとひと昔前は言われていました。でも時代は変わり、世の中の情勢も変わっていく中で、女性の結婚に対する考え方も少しずつ変わってきているようです。男性が婚活をしていく中で、「女性がどのような男性を結婚相手として求めているのか」を知っておくのは、とても大切なことです。そこで今回は、「現代女性が求める結婚相手の条件」を紹介します。

その1:仕事を一生懸命する

簡単に仕事をやめてしまったり、体調も悪くないのに仕事を休むようでは心配です。結婚して意識が変わる人もいるけど、身体にしみついた退職癖や休み癖はなかなか簡単には直りません!生活に不安になるようでは、子供が出来たときでも安心して子育てできませんよね。

もちろん、『私が働くからいいわ』というキャリアウーマンもいると思います。が、仕事を一生懸命できない人は、ほかのこともサボり癖が出やすいもの。一生懸命仕事してくれる人を探しましょう。

その2:価値観

価値観と一言で言ってもかなり幅はありますが、話をしていて納得できたり、同意できる内容であることが大事です。身近な話題でも合う合わないは、分かったりしますのでいろいろな話をしましょう。

まじめな話をすぐにはぐらかされてしまうという人は、大事な話をできないので、将来を考えるときには不安になると思います。

その3:趣味が合う

結婚するということは、一生を一緒に過ごすということ。できればお互いが楽しめる趣味が一緒だと2倍楽しめるはずです。共通の話題でも盛り上がったりできます。ですが、四六時中一緒にいると、飽きてしまうので自分の趣味も別にあるといいですね。

<男性編>現代男性が求める"結婚相手の3大条件"とは

男性が理想の結婚相手に求める条件は、意外と現実的なものが多いようです。家計を握る女性に対して、やはりお金の管理は重要だと男性も思っています。また、「自分の味方になってくれる、応援してくれる、褒めてくれる」 といった良き妻を思い描いているのも男性の特徴。優しく旦那の帰りを待っている、昔ながらの妻のイメージも、今の男性は忠実に理想としているんですね。

その1.お金のマネージメントが出来る

女性らしく自分磨きに精を出すのももちろん良いのですが、夫の稼ぎを全部それにつぎ込んでいるのは話が違います!「金遣いの荒い女の子だなあ」と思われてしまうことも。

デートする際にも、無駄遣いをしないというところをアピールしたほうが良いでしょう。

きちんとマネーコントロールできる女性であることは、結婚してからもっとも大切なポイントの一つになるはずです。

その2.料理が得意

結婚したら、かなりの確率で奥さんがお料理を作ることになるわけですが、やはり毎日美味しい料理と優しい笑顔がおうちで待っているという結婚生活を思い描いている男性はかなり多いよう。そこで、彼と2人で過ごすときには手料理を振る舞ってあげるようにしましょう。

その3.愚痴をあまり言わない

愚痴は聞いてほしいものの、相手の愚痴はあんまり聞きたくない、というのが人間。交際期間の時から、かなり愚痴が多いと、「結婚したら毎日愚痴を聞かされるのか」と変な想像をしてしまうようです。ということで、愚痴は少なめにしておいた方がよいでしょう。

<皆様のお声>私はこうして結婚を決めました!

若いときなら勢いで恋に対して積極的に向かっていけたのに、アラサーにもなると、目の前にお相手がいても「私の結婚相手はこの人で本当にいいのだろうか......」と今後の人生のことを考えて悩んでしまう人も多いのでは?婚活中のアラサーの男女は、一体どんなポイントで結婚を決めたのでしょうか?

『もう君を失恋させない』。20代後半から、失恋続きだった私に当時恋人だった彼が言ってくれた言葉。すごく安心したし、今後も安心感を与えてくれる気がした。(34歳/女性)

『うかうかしていると独身生活を謳歌しすぎて一人で生きるのが当たり前になっちゃうよ』という独身アラフォー上司の発言に背中を押されました。30歳を過ぎてから、ときめくような人に出会えるのは奇跡に近い。今のときめきを信じなさい、とも。(32歳/女性)

『私のことより、仕事や夢を優先させるのは当然のこと』。仕事が忙しいことを理由に、結婚を先延ばしていた僕に彼女が言ってくれた言葉ですが、自分のことを本当に大事に思ってくれる彼女のその言葉が結婚を決意させてくれました。(35歳/男性)

お見合いパーティーで出会った彼女。じっくり話す時間があったわけでもないし、カップル成立にはならなかったのですが、気が付いたらパーティー終了後に彼女を追いかけていた。そのときに連絡先を交換して……。それから交際が始まりました。(32歳/男性)

理想の人はもうみんな既婚者……と思っていたけれど、諦めずに婚活。でも、その努力が実って、ついに婚活サイトで理想に近い人を見つけることができました。会ったその日に逆プロポーズをしてしまうぐらい、まさに一目惚れ。結果、その時の出会いが結婚につながりました。(32歳/女性)

【アナタの想い+ラヴニール=素敵な笑顔&幸せ】

 ラヴニールで結婚活動をすると、こんな風に変わります 

○幸せへの意識

「もう、こんな年齢だから・・・」といったことを言われる方が多いですが、後向きでは、楽しくないですね。

アナタが幸せになりたい、という気持ちを意識し整理することで”わくわく感”を生み出し笑顔を作っていきます。

○結婚への動機

周りから言われるプレッシャーで、焦る結婚。

そんな方が多いですが同じ結婚なら、未来への期待を膨らませて結婚活動をするほうが楽しいですね。

○お相手探し

大抵の場合、アナタが気に入った方へアクションを起こします。よく忘れられるのが、自分磨き・・・

選んだ方から選ばれるアナタへ磨きをかけていきます。

○周りとの関係

ご両親さま、ご友人などの周りの方から「結婚は、まだ?」といったプレッシャーをご経験の方も多いのでは?

結婚とは、人生をかけた大勝負!納得のいくお相手との結婚を目指すことへのアナタと私たちとの価値観の共有は必要です。

○自分磨き

よく、「オレって○○がダメだから・・・」「私って○○なんです」と言われて、欠点を意識しすぎる方が多いですね。

欠点なんて、誰でもあります。アナタの良いところ、長所を伸ばして磨いていき、魅力にすることが大切なんですね。

○モチベーション

結婚活動において、実は一番大切なことなんです。そして、私たちラヴニールのコダワリなんですね。

○ニーズ

安さや気軽さを追求しすぎると、万年婚活に陥ってしまいます。

そうではなく、結婚活動を通じて質の高い活動を進めていき幸福感を実感することで納得のいく幸せを手に入れます。

○目指すもの

「結婚まだ?」「結婚だけが人生じゃないよね。」といった不本意を解消するために既婚者としての地位に焦るのでは幸せになれないですね。

そうではなく、私たちを共有してきた幸せの実現を目指します。

私たちラヴニールのコダワリ、それは「納得のいく継続的幸せの実現」です。

そして、それはアナタにとってのゴリヤクでなければなりません。